斉藤株式会社
HOME
製品紹介 サイトマップ 会社概要 お問い合わせ
会社概要 COMPANY PROFILE
「信頼し合い、共有し合う」代表取締役社長 齋藤英作
ビジネスにおいて良いモノをつくる、良いサービスを行うのは当然のことです。 しかし、それ以上に大切なのは人と人との間に成り立つ信頼関係だと思います。 それらを踏まえた上で、私どもを信頼していただける方々のご要望に誠心誠意お応えすることで信頼関係はより強固となり、さらに新たなビジネスへと発展していくのだと確信しております。
昭和32年に小さな長屋でスタートした当社が50年以上歩んでこられたのも、お客様や仕入先に、地域に信頼され、その信頼を築くために努力してきた多くの社員間の信頼関係があってこそだと思います。我々は「金網屋」の枠を飛び越え、あらゆる金属加工の分野に挑戦する力=METAL ENAGY を発揮し、皆様方のご信頼をさらに発展していきたいと考えております。
お客様やお取引先様と、当社の製品を通じて満足感を共有し、また従業員と最高の製品を造り上げることで満足感を共有しながら、皆様が便利に、快適にお使いいただける製品をご提供できるよう努力してまいる所存です。
 
社名 斉藤株式会社
所在地 [ 本社 ]
大阪府東大阪市楠根2丁目6-8
tel.06-6745-0221 fax.06-6744-3110, 06-6745-7669
[ 中部営業所 ]
愛知県一宮市大和町妙興寺字坊ヶ池19-1-101
tel.058-643-0970 fax.058-643-0971
創業・設立年月日 創業/昭和32年2月 設立/昭和42年3月
資本金 20,000千円
代表者 齋藤 英作
従業員数 25名
事業内容・主要商品 [ 金網全般製造販売 ]
平織金網・防虫金網・クリンプ金網・エキスパンドメタル・溶接金網・
亀甲金網・菱形金網・メッシュコンベアー・ナイロン系ネット
[ パンチングメタル製造販売 ]
アルミ・ステンレス・鉄・銅・アルミ複合板等の素材加工
[ その他の加工 ]
曲げ・溶接・枠組・アルマイト・塗装・ヘラ加工等
取引銀行 三菱東京UFJ銀行/小阪  りそな銀行/小阪 百十四銀行/東大阪
 
COMPANY HISTORY
昭和 32年 2月 先代 齋藤英明が大阪市東成区大今里北野町にて「斉藤商店」の屋号で創業。
昭和 39年 12月 東大阪市稲田467-2へ移転。
昭和 42年 3月 資本金1,500千円にて斉藤金網株式会社を設立。
昭和 43年 9月 東大阪市楠根1丁目19-2に倉庫兼社員寮を設立。
昭和 46年 1月 資本金3,000千円にて株式会社斉藤打抜製作所を東大阪市楠根2丁目75に設立。
昭和 47年 4月 斉藤打抜の資本金を6,000千円に増資。
昭和 47年 8月 東大阪市楠根2丁目6-8に345m2の土地を取得。斉藤打抜の主要設備を移転、増設。
昭和 49年 8月 斉藤金網の資本金を6,000千円に増資。
昭和 55年 1月 斉藤打抜新本社工場完成。
昭和 63年 1月 自動パンチングプレス機1号機導入。
平成 1年 4月 自動パンチングプレス機2号機導入。
平成 3年 11月 倉庫兼社員寮を全面改築。
平成 5年 12月 斉藤打抜の資本金を10,000千円に増資。
平成 8年 3月 斉藤金網の資本金を10,000千円に増資。
平成 8年 3月 斉藤打抜本社隣接地(楠根2丁目6-9)219m2を取得。
平成 8年 9月 (株) アマダ製タレットパンチPEGA367を導入。
平成 11年 6月 斉藤打抜本社隣接地(楠根2丁目6-10)566m2を取得。
平成 12年 6月 上記地に斉藤打抜新工場を新設。設備を全面移転。
平成 14年 1月 斉藤打抜旧工場跡地に斉藤金網・斉藤打抜合同本社を新築オープン。
平成 18年 4月 (株) アマダ製タレットパンチEMZ3610NTを導入。
平成 18年 7月 前専務取締役 斉藤 英作が新たに代表取締役社長に就任。
平成 19年 1月 斉藤金網・斉藤打抜を合併し社名を斉藤株式会社に変更。
平成 21年 1月 中部営業所(愛知県一宮市)開設
ページトップへ
Copyright 2007 SAITO CO.,Ltd. All rights reserved.
斉藤株式会社
〒577-0006 東大阪市楠根2-6-8
tel.06-6745-0221 fax.06-6744-3110
06-6745-7669